フェイシャルエステで化粧はどうする?アフターケアまで

2018年12月12日

ミルク風呂に顔半分の女性
ハイサイ(*^_^*)
沖縄県内在住の35才主婦です

はじめてフェイシャルエステを受けるとき、サロンのスタッフに
「化粧はどうしたらいいですか?」と聞いたことがありました。

あれから早何年。。。。(笑)

数年間エステなんて行ってませんでしたが、去年からシミ、たるみが目立ち始め、顔がくすんできたことからフォトフェイシャルをキッカケにまた通い始め、同じ質問をした自分がいたのです(笑)

エステをうけるときの、メイク事情とアフターケアをご紹介します!

エステを受ける際は化粧をしていかないほうがいいの?

コスメ色々
結論からいうと、どちらでも大丈夫です!

ただ個人的には、できるだけスッピンの方が肌の負担が少ないのでオススメです。
わたしも独身時代によく仕事帰りや休みのショッピングの帰りにエステに寄った経験もありますが、全て落としてもらっていました。

エステの中でも、フェイシャルエステではなく痩身や全身マッサージの場合は、サロン側も落とさないことが多いとおもいます。エステのメニューにもよりますが、ボディエステは汗をかくこともあるため、事前に落としていったほうが、顔がドロドロせずに気持ちよく施術できる印象があります。

行きつけのところであれば、お願いすればクレンジングもやってくれると思います(*^_^*)
もしくはメイクルーム的な控室があり、クレンジング剤が置かれているところも多いです。

少しケチなところもあるわたしは(笑)

化粧していったほうが、「クレンジング入れて長く触ってもらえるのでは!?」と思ったのですが、正直変わらないということが分かりました。それからはスッピンで行くようになりました(笑)

フェイシャルエステ効果が高まる!アフターケア


〈保湿不足の肌が抱えるトラブル〉
・ターンオーバーが乱れる
・バリア機能の低下
・シミ、そばかす、くすみ、ニキビなど肌トラブルがつきない
・アトピーになりやすい

保湿不足は全てのトラブルの原因です。
フェイシャルエステをしても、一時的な効果でしかなくなってしまうということです。

わたしはずっと、乾燥肌で肌のターンオーバーが早く、今年に入るまで満足に潤っていると感じたことがありませんでした。

がしかし!!気づいたのです!

わたしは自分の肌を理解していなかったと。

じつはずっと肌のターンオーバーが遅いと思っていたのですが、逆に早かったというのは意外すぎて自分でも驚きました(笑)

そのためスキンケア方法も、全然違っていたわけです。

「そりゃ、肌質が改善しないわけだと実感ε-(‐ω‐;)」

自分に合ったスキンケアを見つけるって意外に難しいです。
しかし基本を押さえれば、あとは美容液などで自分の肌をどうカスタムしたいか選べます!

ありきたりですが、
「肌の保湿の重要性」と「自分の肌を知ることの大切さ」を理解したのです!

【基本】保湿のステップ

スキンケアグッズの色々

夜スキンケア編

洗顔(クレンジング)

化粧水

美容液

保湿クリーム

夜のスキンケアの基本は、肌を修復する作業に徹するということです。
日中にうけたダメージを回復するために、クレンジングでお化粧や日焼け止め、スッピンでも皮脂はでているため、やさしくキレイに汚れを落としましょう。

洗顔料やクレンジング剤は、作用が強すぎず毛穴までキレイに落とせている実感があれば、大丈夫だと思います(*^_^*)

【化粧水】
洗顔する女性

化粧水をたっぷりつけましょう。
基本中の基本ですが、わたしもまわりの友人も出来ていない人が意外と多いのがここです。

たっぷり?って基準ひとそれぞれになりがちですが、化粧水をした後に手のひらで肌にふれたとき、吸いつくぐらい保湿されているかどうかです。そのため、吸いつかないときは、何回でもたっぷり化粧水を与えてください。
まさにバシャバシャという感じがピッタリです。わたしはドライスキンなので、2回ほどしたたるほど、化粧水をします。

ここを改善するだけで、朝の仕上がりが全然ちがうので、高い化粧水というよりは、量があって千円以下のたくさん使える化粧水を、用意したほうが経済的に気にしなくていいためオススメです。

【美容液】
わたしは美容液なんて、金持ちの気まぐれだと思っていました(笑)
美容液は肌の栄養補給で、サプリのような役割を果たします。
そのため、続けなければ意味がなく、特別な日にやるものではありません。
わたしはケチってたまにしか美容液を使わなかったので、効果がなかったのです。

美容液は小さくて、金額的にも高めですが、化粧水をバシャバシャ使うことで、少量でもグッと肌に広がり浸透していきます。ポイントは、毎日使い続けることです。

【保湿クリーム】
夜は、乳液よりも油分が多い「保湿クリーム」を使いましょう。
保湿クリームには肌を潤す効果と潤いを逃がさない効果があります。
化粧水とおなじく、「少し多いかな?」が適量です。

わたしの場合、保湿クリームを塗ったそばからグングン肌が吸収していったので、塗ったあと肌表面が乾いている場合は、何度も重ね塗りをします。
沖縄は紫外線量もおおく、隠れドライスキンが多いそうです。

自分の肌がどんどん吸収すれば、それは欲している証拠です。
そのときは何度でも重ねて塗ってあげましょう。

朝スキンケア編

クリームを塗る女性のイラスト
洗顔

化粧水

乳液

UV・日焼け止め

朝のスキンケアでのポイントは、UV対策をするということです。

夜のスキンケアの基本ができていれば、朝起きた時の肌はうるおいが違います。触ってみてわかるので、乾燥していれば保湿が足りないとうことです。

潤ったお肌は、天然オイルが出ており、バリア機能も高まっています。
そのため洗顔も、つっぱるほど強い刺激の洗顔料はやめましょう。洗顔後もうるおいがある肌が理想です。

保湿もクリームでも、もちろん問題はありません。しかし油分が多いため、日中は乳液のほうがサッパリして使いやすいです。

最後に日焼け止めをぬり、紫外線対策をすればバッチリ(*^_^*)

まとめ

フェイシャルエステだけでは、一瞬の効果にすぎません。
本気で肌質を改善したければ、日頃のスキンケアは必須です!

「フェイシャルエステ+日頃のスキンケア=美肌」で本気の肌質改善を目指しましょう(*^_^*)

Posted by KII


PAGE TOP